MENU

睡眠時無呼吸症候群「マウスピース」作成にかかる費用について

「睡眠時無呼吸症候群」の治療法に、「マウスピースを使う」ものがあります。歯に被せる形で装着して寝るだけという手軽さから、多くの睡眠時無呼吸症候群の人に使われています。そんなマウスピースは口の中で使うものなので、もちろん歯科医院の管轄となります。
さて、睡眠時無呼吸症候群の治療のためにマウスピースを作るとき、その費用はどのくらいになるのでしょうか。また、健康保険は適用されるのでしょうか。ここでは、「マウスピースにかかる費用」についてお話ししていきます。

 

基本的に、「睡眠時無呼吸症候群」という病気の治療のために作るものなので、健康保険が適用になります。しかし、最初は耳鼻咽喉科や呼吸器内科などの「睡眠時無呼吸症候群を扱うクリニック」を受診しなければなりません。いびきなど睡眠時無呼吸症候群が疑われるときに、歯科医院に相談へ行く人はいませんよね。専門科へ行くと思います。

 

睡眠時無呼吸症候群だと診断されるまでには、初診、自宅での簡易検査、入院して行う精密検査、そして再診という段階を踏まなければなりません。もちろんここまでの段階も健康保険は適用になりますので、トータルすると二万円くらいはかかると思います。

 

そして「睡眠時無呼吸症候群」の治療のために「マウスピース」を作るよう医師から言われると、マウスピース作成の専門である歯科医院を紹介されます。紹介状持参で歯科医院へ行けば、治療のためということが分かりますので、マウスピース作成費用は健康保険適用です。しかし、医師の紹介状がない場合は自費扱いとなることもあるようです。

 

なぜなら、歯科医師には睡眠時無呼吸症候群かどうかの判断はできないからです。歯科医院で睡眠時無呼吸症候群の検査はできませんよね。ですから、担当の医師からマウスピース作成の話が出たときには、必ず紹介状を書いてもらってください。マウスピースのサイズにもよりますが、だいたい一万五千円ほどで作ることができます。

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群の治療で使うマウスピースは通販でも買える?
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療「歯科でのマウスピースの作り方」とは?
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療法「マウスピース」の効果はどう?
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。