MENU

無呼吸症候群に効果的な治療法について記事一覧

寝ている間に呼吸が止まり、様々な症状をもたらす「睡眠時無呼吸症候群」、みなさんも聞いたことはあると思います。最近では若い人にも増えてきているそうです。そんな睡眠時無呼吸症候群の「外科的治療」のひとつに、「レーザー手術」があります。今回は、その「レーザー手術」について詳しく説明したいと思います。一昔前まで、睡眠時無呼吸症候群の治療のための手術は入院しなければ行えませんでした。入院して麻酔をしなければ...

睡眠時無呼吸症候群の治療に使われる「cpap(シーパップ)」という機械をご存じでしょうか。cpapは、「経鼻的持続腸厚呼吸療法」といいます。なんだか難しい感じがしますね。簡単にいうと、cpapは機械で圧力を加えた空気を鼻から入れるというもので、鼻にマスクのようなものを装着することから、「鼻マスク」とも呼ばれています。圧力を加えた空気を入れることにより、強制的に気道を開くことができます。睡眠時無呼吸...

睡眠時無呼吸症候群の治療法のひとつに、専用のテープやマスクを利用するというものがあります。どのようなものがあるのか、どのように使うのか、今回は「睡眠時無呼吸症候群の治療に用いるテープやマスク」についてお話ししたいと思います。医療機関での治療に使われるのが、「CPAP」という鼻マスクです。シーパップといいます。これは寝るときに装着するもので、圧力を加えた空気を鼻から入れます。強制的に鼻呼吸を行い、気...

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に数秒間呼吸が止まる病気です。症状としては、大きなイビキや日中の眠気、だるさ、集中力の低下などがあります。そんな「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている間に起こるものなので、一人暮らしの人などはなかなか気付きにくいものでもあります。家族がいる人が「睡眠時無呼吸症候群」に気付くきっかけとなるのが、「大きないびき」ではないでしょうか。周囲の人が眠れないほどの大きないびきをかいて...

「睡眠時無呼吸症候群」という言葉を聞いたことがありますか?肥満者の増加などに伴い、今「睡眠時無呼吸症候群」の人はとても増えているのだそうです。睡眠時無呼吸症候群と聞くと、寝ているときに呼吸が止まってしまうことや大きないびきをイメージする人もいると思います。もちろんこれらは睡眠時無呼吸症候群の典型的な症状ではありますが、これだけではありません。呼吸が止まることで体内の酸素が不足し、本来なら休息すべき...

「睡眠時無呼吸症候群」は、文字通り睡眠時に呼吸が無くなる病気です。もちろんずっと呼吸が止まっているわけではありません。しかし長くて数十秒間、多くて一晩に何回も呼吸が止まってしまうのです。寝ていても身体が休まらないだけでなく、無呼吸症候群の影響は日中にまで及びます。具体的には、日中に眠くなる、集中力の低下などが挙げられます。さて、そんな恐ろしい「睡眠時無呼吸症候群」を防ぐためには何か対策があるのでし...