MENU

睡眠時無呼吸症候群の対策について

「睡眠時無呼吸症候群」は、文字通り睡眠時に呼吸が無くなる病気です。もちろんずっと呼吸が止まっているわけではありません。しかし長くて数十秒間、多くて一晩に何回も呼吸が止まってしまうのです。寝ていても身体が休まらないだけでなく、無呼吸症候群の影響は日中にまで及びます。具体的には、日中に眠くなる、集中力の低下などが挙げられます。

 

さて、そんな恐ろしい「睡眠時無呼吸症候群」を防ぐためには何か対策があるのでしょうか。ここでは、自宅でできる「睡眠時無呼吸症候群の対策」についてご紹介します。

 

まずは寝るときの姿勢です。仰向けで寝ているという人は、できるだけ横向きで寝るようにしてください。横向きで寝ることで舌が落ち込むのを防ぎ、気道が塞がるのを防ぐことができます。そして、アルコールを摂りすぎると喉がむくんで気道が狭くなります。アルコールはほどほどにしましょう。他にも、

 

  • ストレスを解消する
  • 肥満を解消する
  • 血糖を正常に保つ
  • 鼻呼吸を心がける

 

などが対策としてあげられます。

 

鼻がつまっている人、慢性的な鼻炎の人などは、まずそちらから治療すると良いでしょう。誰でもなる可能性のある病気だからこそ、積極的に対策していかなければなりません。

 

また、顎が小さい人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われています。「バイオクリニック」では、マウスピース状のプレートを用いて顎咬合治療が行えます。イビキや無呼吸の改善はもちろん、睡眠の質を向上させることもできますよ。イビキがひどいなどの症状のある人は、一度バイオクリニックに相談へ行くのも良いかもしれませんね。

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群の治療法「レーザー手術」はどう?効果的な対策方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療法「cpap」という機械とは?
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療法「テープ・マスク」の効果はどう?
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療法「枕」の効果は?おすすめの対策方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の改善グッズはどれが効果的?人気のマウスピース
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。