MENU

睡眠時無呼吸症候群の症状について

最近増えてきている「睡眠時無呼吸症候群」の症状は、単純に「寝ている間に呼吸が止まる」だけではありません。寝ている間に呼吸が止まることで、様々な症状を引き起こすのです。その症状の中には、日常生活に支障をきたすものも含まれます。睡眠時無呼吸症候群にはどのような症状があるのか、またどうしてそのような症状が起こるのか、を詳しく見ていきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状には、

 

  • 大きなイビキをかく。
  • 睡眠時間を十分にとっているにも関わらず、朝すっきり起きられない。朝疲れが残っている感じがする。
  • 日中、無性に眠くなる。実際に居眠りが多い。
  • 集中力が低下してイライラする。
  • 夜、何度も目が覚める。

 

などがあります。

 

イビキ以外の症状はすべて、「寝ている間に呼吸が止まる」ことが原因で起こります。普通、寝ているときには体は酸素を十分に取り込み、「休息」します。心臓を動かすなど「生きるために必要なこと」以外は行いません。しかし、呼吸が止まって酸素が不足していたらどうでしょう。

 

酸素不足を感じた脳は、心拍数を上げて酸素をたくさん取り込むように指令を出します。一気に酸素を消耗する、短距離走のあとのようなイメージです。短距離走のあとは息切れし、心拍数も上がりますよね。この状態では、残念ながら体は休むことができません。寝ていても一晩中活動しているのと同じなので、翌朝に疲れが残ったり日中眠くなったり…といった症状が出るのです。

 

睡眠時無呼吸症候群のこれらの症状があるという人は、できるだけ早く専門医に相談に行ってください。放っておいても、睡眠時無呼吸症候群が改善されることはありません。

関連ページ

無呼吸症候群のチェック方法|おすすめの効果的な対策方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の原因とは?手術なしの効果的な治療方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の検査とは?こんな症状があったらチェック!
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
いびきは手術で治るのか?無呼吸症候群に効果的な治療方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。
睡眠時無呼吸症候群の治療は何科を受診するべき?効果的な対策方法
無呼吸症候群の対策として効果的な治療法には、病院での手術もありますが、改善グッツとして人気があり、おすすめなのはマウスピースです。詳しい費用・値段のことや、作り方についても紹介します。